水道工事

今日は水道工事をした。
といってもたいしたことはなく
コマや三角パッキンを取り替えるだけだけど。。。
でもここに来た時
水漏れがひどくて壁からの水道管を取り替える修理をしたこともあります。
そのときにウォーターポンププライイヤーやタテカラン締めなどという道具もそろえたので
大抵のことはできるんじゃないかと思ってはいますが。。。

2016.12.18 | | コメント(0) | 未分類

ファスナーの本

先日ファスナーの本を買ったら
ラウンドジップみたいのを作る時は内側をやや外側よりはみ出して貼ると
ファスナーがふっくらしていいと書いてあったので実践してみると、、、
たしかにいい感じもするが
できたものを見てみると、あれっ?
どこかおかしい。
そうだ、妙にまちが広い。広くなってしまった。
といっても1mm~2mmの範囲なのだが
小物ではこの差はでかい。
もうすでに抜型製作を頼んでしまった。。。
どうしよう。。。

2016.12.14 | | コメント(0) | 未分類

壁塗り

丸五日ほどかかりました壁塗り、
やっと終わりました。。。しんどかった。。。
キシラデコールの一斗缶(じゃないのかな?)
を買って使ってたんだけど
ほんのわずか足りなくてあわててパワーに行って
1.6リットルの缶を買ってきました。
5700円もしました。
悪いものではないとは思うんだけど
そんなにするもんなのかなぁ。。。
ともかくこれで冬の家仕事の大行事が終わりました。
あとはこたつでぬくぬくと。。。
していられたらいいんだけどなぁ。。。
だいぶ痛みがひどい部分もあったので
なにはともあれ、これで5,6年は安心だと思います。。。

2016.12.12 | | コメント(2) | 未分類

ひと月にひとつ

この前思いついたんですが
ひと月にひとつ気になる鞄(もしくはお財布)を買ってみる
というのはどうだろう。
いいに決まってるんですが
なかなか大変そうなことなので
(まぁでも余裕がない時は数千円でも可愛いものがありますからね)
できなかったんですが
ひと月に一つ必ず買うって決めちゃえば
できるんじゃないかと思って。。。

2016.12.06 | | コメント(0) | 未分類

少ない頭で考える

自分を否定せずに、頭の悪さを実感して
謙虚になって、少ない頭で考える
小さな努力を続けていれば、必ずなんらかの道が開ける。
できるならそれを少し系統づけてあげれば
なんとかなる
何とかなり続けていれば
やがては大きな扉も開くだろう。

2016.12.05 | | コメント(0) | 未分類

ホテルニューハンプシャー

昨日ホテルニューハンプシャーという映画をみました。
ずっとひっかかってきた映画のひとつです。
この引っかかり方って嫌われ松子の一生みたいな引っかかり方の気がします。
当時たしか高校生じゃなかったかと思うのですが
授業をさぼって始めて行った六本木で見たんじゃなかったかなぁ。
また違う映画だったかなぁ。。。
当時は何しろ授業をさぼって映画館に行くという行為が大好きでした。
映画は、悲劇的なこととかちょっと普通でないことが連続して起きていくのですが
淡々と語られ、なんというのだろう、なんていうのかなぁ。。。
なんていえばいいのかわかりませんが、
どこか、人生の悲しみにたいする悟りのようなものを登場人物がみんな持っているんです。。。

ほかに長年に渡りひっかかってきた映画としては
例えばフェリーニの道とビルマの竪琴があります。。。

2016.12.04 | | コメント(0) | 未分類

矛盾というのか、分裂というのか

自分の人生が悪くないかなぁとかなかなか経験できないこともいろいろあったのかなぁとか
頑張ってきたのかなぁとか思うこともありますが
全然頑張ってこれなかったなぁ、なんかいつもいつもだめだったなぁとか
思うこともあります。
人間だれしもいろんな矛盾を抱えてるものだから
これは矛盾だと思ってきたんですが
なんのことはない。これは
自分のもってる最低の部分を基準に考えれば達成感のある生き方で
自分のもってる最高だと思える部分を基準に考えれば達成感のない生き方だということでした。
メスナーという登山家のことばだったと思いますが
人は自分のもっている最も弱い部分を基準に生きざるをえない
というのがあったと思います。
つまり80点のものをもってても15点の部分がその人の根幹にかかわることだったら
15点の人生を生きざるを得ないということで
おりにつれそのことを実感してきたように思います。
でもそもそもよいとことかわるいとこととか
何か客観視してしまうように見てしまうというのは
分裂しているということなのですかね。
生き方を変えるのはなかなか難しいことだと思いますが
作ることを変えるのは簡単なことです。
このさい人間性などは目をつむり
作るものをどんどん変えていけば
生き方も変わってゆくだろうか。
ゆくだろう。

2016.12.02 | | コメント(0) | 未分類

«  | ホーム |  »