れーざー?

s-ghjkhgukjkil.jpg

水盛であるとか水糸であるとかレベルの出し方をいろんな人に聞いたのですが
どうもややこしくて、、、
そんな時、レーザーなるものが「結構安いよ」などという話を聞きまして、、、
アマゾンで調べてみると、、、1万円以下のものある。。。
むむむむむ、、、、可愛い、、、、
アナログシンセとかに心をときめかした世代なので
ちょっと電気っぽいアナログぽいメカっていまだにかなり萌えなんですよね。。。
ついつい買ってしまいました。。。(今思えば捨て貼りの合板なんかにお金をかければよかったと思います。

dgrthguhi.jpg

コンクリートブロックの壁にきらめく赤い光の線が見えるでしょうか、、、
使い方は正直よくわかりませんが水平は思ったより正確のようです。

gyjujyftyguhi.jpg

地面の一番高いところの大引き材の上面にレベルを合わせて
そこに全部合わせてしまうことにしました。
ひねりの入った材は片側のみスペーサーを敷いたりして何とか合わせます。高いところはそのまま石に材、低いところは数種類のベニヤで高さ調整のスペーサーを作りました。

ベニヤ同士は木工ボンドで、木と石はコンクリートと異素材がくっつくというボンドで止めました。
これも予想に反してかなりがっちり固まりました。。。

gfdghjknbjhhg.jpg

湿気などによる腐食のことを考えるとこんなことじゃあだめなんでしょうが
まぁ5年もてばいいかなぁと、2回目はもっとうまくできるだろうし、お金もたまれば頼んじゃえってことになるかもしれないし。

土台に大引きを据え付けることができないので
強度対策になんらかのかたちで結合してしまおうとか考えたのですが
コンクリボンドが結構がっちりしてしまいましたので
大引きは横に引いただけです。
束石までくっついたものが横に置かれただけです。。。

それでも少しづつ見えてきました。
こうなると何もわからないいきあたりばったりの素人仕事とはいえ
ヒントが降りてきやすくなって
何かちょっと楽しくなったりもしてきます。

2016.01.24 | | コメント(0) | DIY

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »